一息つくのを忘れるから

自分の良心にきいてみて

少しも恥ずるところがなければ

世間の人は何と言おうと

動揺することはありません


b0125436_19362984.jpg






今日は明治神宮の菖蒲園にスケッチにいった
初夏の太陽にジリジリ焼かれながら じっくり集中して菖蒲を捉える



帰りに境内で大御心をひいたら 上の言葉が書かれていた


最近は 自分の事を考えない日が続いていた気がする
人のことを考え 人のために時間を使っていた
そうしたいと思っていたし それでいっぱいいっぱいだった



はたと 気づいて振り返ったら そこに自分はいなくて 


こうして、日記を書いていると自分を実感できる事をも忘れていた



今日は久しぶりに自分を確認し 一息つけた気がする
[PR]
by madoka527 | 2008-06-16 20:00 | たわいもない日記
<< 展示始まりました その① マネキュアに刻まれた時間 >>