<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年をとるという楽しみ

昨日は父親の古希祝い

70歳の誕生日だった

仲間たちに囲まれて笑う父の姿
父を囲む仲間たちの姿

集うメンバーの年齢も幅広く 25歳の私でさえその中にいて楽しい

しかし、目をこらすとみんなを繋ぐ、細やかに張り巡らされた暖かい気遣いの糸

これが大人なんだな~
他人を思いやりながら、腹の底から楽しむという事
あと笑顔ね

ごく単純な事のように思えるけど、これがレベル高いのだ

思いやりが思いやりに見えない関係がカッコイイ

「思ってますよ」ってワザワザ見せつけるような無粋な優しさとは違う


そんな大人になる事が目標だ


パパお誕生日おめでとう! パパたちみたいな大人になります☆

b0125436_8162371.jpg

[PR]
by madoka527 | 2008-03-31 07:56 | たわいもない日記

光の熱さ

光が熱いと感じる季節になってきた

夏の光とはまた違うが、じりじり射すような光だった

影もくっきりと浮かんでくる

気づけば冬はすでに終わってしまっていた

b0125436_1024224.jpg


絵描きにも、コンスタントに描き続けるタイプと間を空けて描くタイプがいるが私は後者のようで
比較的描かない時が続いたりする事がある
(こういうときに、自分は芸術家ではないなあと思うのだが・・・)


子供のように暇さえあればペンを持つような姿に 本当に憧れる

この理想像に少しでも近づくために 子供と絵を描く仕事をしているのだろう

彼らといれば自分も いつかきっと

b0125436_10265189.jpg

[PR]
by madoka527 | 2008-03-29 10:32 | たわいもない日記

銀座さんぽ

春の陽気に誘われて 銀座散歩

予備校時代の仲間達が展示してるのでギャラリーまわりをする

『荒木茉莉 個展』
銀座:LIVEギャラリー
http://artlive.cool.ne.jp/

センスのあるいい子です。
お互いに今までとは異なる角度から日本画を見直そうとしている熱い子です。
紙の質感をいかし、透明感のある作品で空間・風・音と空間と作品の総合的な見せ方にこだわる展示。日本画を愛してるからこその作品だろう。
とても共感できました。

いつか一緒にいい空間を作り出したいなあ~。いい展示アイディアが浮かんだら連絡します!

是非皆さんもご覧ください。
b0125436_20132734.jpg




そして、近くの十一月画廊でやってる日本画の展示
これまた数年ぶりに逢う友達、なつかしいな~。
山形でもこうやって仲間が頑張ってるんだなって思うと自分も頑張ろうって思う。

そして、日本橋のアートスペース ユーメリアでやってる日本画展
芸大の3年と4年のグループ展
2時間くらい喋ってしまった、しかも絵ではなく男と女について・・・(笑)

まったく私ったら・・・人の展示で何やってるんだろう・・・


帰りは三越でまいせんのかつ重を買って帰る。一人で食べる冷えたお弁当。
やっぱり寂しい・・・


明日は大学の同級生だった、ノボリの展示を観に鎌倉へ小旅行!!
[PR]
by madoka527 | 2008-03-25 20:48 | exhibition情報

みんなの卒業

一年共に頑張ってきた予備校の教え子たちが卒業していった

b0125436_19125165.jpg



教え子 全員からもらった手紙

数年予備校講師の仕事をいろんなところでしてきたけれど
こんなにもストレートな感謝の形は初めてで、嬉しさが勝って涙は出なかった

他の先生とのバランスで、比較的力の抜けたニュアンス重視の指導をしようと心に決めて1年

私は彼らに何を与えてあげられたのだろうか・・・そう思っていた矢先の手紙だった

「視野を広く、常に外に目を向け、自身をもっていい絵を描け」

彼らの文章の中に、私が伝えたかった言葉が見える



ありがとう



まったく素直でいい子達だった。本当に。


しかし、『お母さんのような存在・ビールが大好き・ゴレンジャーでいうとブラック・貫禄』
このキーワードが各所に出てくるのは何故だろう?

私は『子供っぽく・お酒が飲めない・ピンクレンジャーの心配性の乙女』ですから、お間違いなく!
[PR]
by madoka527 | 2008-03-24 19:45 | たわいもない日記

覗いても覗いても

思う



b0125436_11142843.jpg



向こうが見えそうで見えない

何かがありそうで、覗いたのに
その先が見たくて覗いたのに

先を見るには中に入れって事?
冷たい思いをしろって事?




今は、うつった自分が見えるだけだった





入っていかねば見えぬもののため
まだ見ぬもののため入る
[PR]
by madoka527 | 2008-03-22 11:31 | たわいもない日記

象鯨 エッ!みんな知らないの?

春から立ち上がる新しい団体、「象鯨美術学院」です。
象鯨関係者の皆様、写真転用してスミマセン。しっかり宣伝しますので!


b0125436_16404944.jpg


私も、微力ながらメンバーの一員としてワクワクどきどきする様なこと巻き起こしていきますよ!
とにかくおしゃれで、とにかくこだわりの予備校!!建物自体を改造するのなんて朝飯前みたいな人たちがやってるもんだから。すごいよ(笑)

予備校にお洒落さなんて必要ないと思ってる方、育てる場こそ本物であるできなのです。
作品を大切に作り出すように、私たちも生徒も教室も大切に作っているだけなのです。
もちろん大手予備校で指導していた実績のある講師が指導します!



こんな人は是非、象鯨ホームページを見るべし!!

お洒落でアットホームな美術予備校を探している人。
・デザインや油画など専門の科だけでなくいろんな分野の造形感覚を学びたい人。
・刺激のある予備校を探している人。
・デザインやファイン系など、それらの分野の現場を知りたい人。

などなど、そのほかにも面白いものを見たいという人は、どしどしチェックしてください!

http://www.zougei.com/




象鯨美術予備校の資料請求はこちらを。
ねっ、お洒落でしょ!

b0125436_16401174.jpg


「正8角形の封筒に正方形の真っ赤なパンフレット。それにショップカードならぬスクールカード。これらは象鯨OBのデザイナーや象鯨講師が作りました。
正8角形の封筒はA2ポスターから切り取られるので、ポスター兼封筒。
真っ赤なパンフレットは中身もお洒落で、悪く言えば何のパンフレットか判らない。
スクールカードは厚紙に白、黒、金箔を敷いて最後にコーティング加工と言った独りよがりなこだわり。
しかしこれぞまさしく「美大生のこだわり」で「無駄」などと言う言葉を口に出しては芸術は成り立たない。まずは学校自ら学生に範を垂れる為に「こだわり」の広告媒体を作りました。これら3点セット希望の方はinfo@zougei.comまで「3点セット希望」とタイトルに入れ「住所等」を明記して送信して下さい。」
[PR]
by madoka527 | 2008-03-19 16:50 | 象鯨

3/13~4/12 小品展示中

現在、4月12日まで日本橋の小津和紙という和紙屋さんで、小品を2点展示させてもらってます。

12月のグループ展にだしたものと同じですが、さまざまな和紙や紙が売ってる面白いお店です。
春の散歩がてら見てやって下さい。


私の他にも、田村光太郎さんと福山一光さんも一緒に展示しています。

http://www.ozuwashi.net/



b0125436_2355862.jpg

[PR]
by madoka527 | 2008-03-18 23:06 | exhibition情報

始まりの終わり オワリノハジマリ

始まれば、いつかは終わりが来る。
流れに身をまかせれば、いつかは海にたどりつく。

でも、終わりの後に来る始まりは待っているだけでは何も起こらない。
海からは源流にはもどれない。

b0125436_21573443.jpg

子供たちの笑顔は麻薬である


b0125436_2312736.jpg

枯れないと次の花は咲かない



一年間続いた絵画教室の仕事を今日辞めてきた。

学んだ事
・人間同士のつながりやコミュニケーションは、抽象画を読み解くより難題だ。
・パーソナルスペースや空気や気持ちを読む事を駆使する。
・子供は親によって変わる。
・子供の笑顔は麻薬に近い効果があり、危うい(笑)
・私はどもり症で人見知りだが、さびしがり屋で人が好きだということ。
・親の気持ち・親と子の関係

他にも、大切な事をいっぱいいっぱい学んだ。

そして、子供の美術教育の重要性と、危うさを共に感じた。
指導する者のさじ加減で、子供はいくらでも変わってしまうのだろう。
指導の仕方はいくらでもある、指導する人・導く人の理想や思想でいくらでも変わるのだ。
それだけの責任が絡んでくる職である。

自分の力不足、人間力の未熟さを毎回痛感させられた一年だった。


しかし、指導してくださった先生方・至らぬ指導を見守ってくださった親御さん方・そして子供たちみんな~!本当にありがとう!!



今回の終わりは、さらに大きな始まりを手に入れるためなのです!

みんながいつまでも笑顔でいられるように、心から青空に祈ってます。
[PR]
by madoka527 | 2008-03-18 22:26 | たわいもない日記

プロフィール

b0125436_17485665.jpg


吉田 愛 YOSHIDA Ai 


アーティスト/墨・日本画からクレヨンま幅広く表現

1982   東京都目黒区生まれ
2001   都立芸術高等学校美術科日本画科卒業
2003   東京芸術大学美術学部日本画専攻入学
2005   安宅賞受賞(安宅奨学基金)
2007   東京芸術大学美術学部日本画専攻卒業
2007   東京芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻入学
2009    東京芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻修了 

 
ARTWORKS

吉田 愛の作品公開中(
新作更新!)



『個展』

2007年  『-you-』MUSEE F+表参道画廊
MUSEE Fホームページ

2008年  『flowerrs』六本木フレンチレストランMAXIVIN、店内壁面へ展示
MAXIVIN ホームページ

2009年   『flowers』Coccinella(イタリア料理店)/中目黒
       
9月28日~10月3日   銀座exhibit Live&Morisにて個展予定



『グループ展』

2008年

『三人展 田村光太郎・福山一光・吉田愛』
3月13日~5月5日(日曜休)
日本橋小津和紙にて小品展示

『象鯨展』
5月1日~5月31日
大磯にて、象鯨美術団体による展示

『日本の画展』
6月25日~29日
埼玉県川口にて、グループ展

『素描展』
7月1日~7月13日
東京芸術大学陳列館にて、大学研究室研究発表

『TOKYO ART 汐留派 ~ライブペイント~』
8月8・9日(金・土曜日)
汐留シオサイトにて、墨によるライブペイント
汐留シオサイトホームページ

2009年
  
『第57回東京芸術大学大学院修了制作展』東京芸術大学美術館/上野
『日本の画展 2009』GREEN ART TEAM:masuii R.D.R 二ヵ所同時開催/川口・埼玉

『Tokyo Art 汐留派 ~アートファクトリー~』
8月9・10・11日
汐留シオサイトにて、ブース出店
2009年 Tokyo Art 汐留派HP

11月16日~21日 表参道画廊にて二人展予定




その他グループ展多数


装丁画

・『The Lancet Oncology』イギリス出版医学専門誌2008年3月号表紙作品
(作品名:大学学部卒業制作『麻痺』2007)
The Lancet Oncologyホームページ

・『ヤシガラ椀の外へ』ベネディクト・アンダーソン著、NTT出版より2009年7月出版

     

[随時更新]
[PR]
by madoka527 | 2008-03-18 10:13 | プロフィール

ブログデビュー

朝起きてフッと思い立ちブログを立ち上げることにします!

思い立ったくらいでできるとは、いやはやスゴイ世の中になったもんだね~。


早速ですが、いろいろお知らせです!
東京芸術大学学部卒業制作がイギリスの医学雑誌『ランセットオンコロジー3月号』の表紙になりました。

http://www.sciencedirect.com/science/journal/14702045

よかったら観てください。

癌をテーマにしたグラフィックがテーマのコンペでした。
12カ国からの応募があったそうです。
日本画での作品ですが、展示当初から日本人的ではないと言われ知り合いの外国人からのうけもよく、「じゃあ、海外の人に見せたい!」と思っていたので今回のチャンスは嬉しいものでした。

b0125436_9103128.jpg

向こうが見えてきた気がする


この、チャンスに溺れずガンガンいきたいものです!
[PR]
by madoka527 | 2008-03-18 09:15